【使用上の注意】妊娠中・授乳中のモリンガ摂取について

こんにちわ。numberスタッフです。

いつもnumberオンラインストアをご利用頂きありがとうございます。

『妊娠中・授乳中ですが、モリンガを摂取しても大丈夫ですか?』というご質問を多くいただいておりました。特に、該当する方は是非一度お読みいただけると嬉しいです。

 

モリンガの妊娠中・授乳中の摂取について

妊娠中の方はご使用をお控えください。理由は下記をご参照ください。

授乳中の方のご使用は全く問題ございません。母乳育児中の方は特に使用をオススメします。

 

妊娠中には摂取しないほうが良い理由

モリンガにはGABA (遊離r-アミノ酪酸)というリラックス効果のある成分が多く含まれています。GABA含有量の調べでは、野菜類の中でダントツに多く含まれている「トマト」が100g中63mgといわれていますが、モリンガは100g中347mg。約5倍ものGABAが含まれています。

それも、モリンガがスーパーフードと呼ばれるひとつの要素なのですが、GABAがもたらすリラックス効果から、子宮が緩む(可能性がある)という研究結果も出ている為、妊娠中の方へのご使用はおすすめしておりません。

 

授乳育児中にはモリンガを摂取した方がいい

母乳育児中は、赤ちゃんのことやご自身の健康のことを考えて、身体の状態にはより一層気をお使いになられているかと思います。

モリンガは原産国インドでは『赤ちゃんを育てるお母さんの食べ物である』と言われていますので、授乳育児中の方はモリンガを摂取する事をオススメします。

 

鉄分・葉酸・たんぱく質・ビタミンB1・B2を多く含んでいる

母乳は血液から作られている為、鉄分を多く必要とします。また、葉酸も「赤血球の生産を助けるビタミン」と言われています。

さらに、母乳の主成分はたんぱく質である事などから、鉄分・葉酸・たんぱく質・ビタミンを多く含んでいるモリンガは、授乳育児中の方には特にオススメされている食品ですので、用法容量はお守りいただいた上で、安心してお飲みください。

 

 


分享此文章